休診日 木曜・日曜・祝日

院内設備

受付

トイレ(オムツ交換台、ベビーキープ有)

キッズスペース

オムツ交換台

手術室リカバリー

手術室ロッカー

検査機器等

① 細隙灯とモニター

眼を拡大して観察します。

モニター付きですので眼の状態を記録し、患者様へお見せすることができます。

② トノレフ

近視、遠視、乱視の度数と眼圧を測定します。1台で2種の検査が可能です。

③ レンズメーター

お持ちのメガネの度数を測定します。

④ ゴールドマン視野計

片眼ずつ見える範囲(視野)を測定します。

⑤ ハンフリー自動視野計

ゴールドマン視野計よりも中心部の視野を精密に測定します。緑内障の経過観察にとても重要な検査です。

⑥ OCT

網膜の断層像を撮影します。網膜の浮腫(むくみ)や網膜剥離の有無といった形態的な診断の他、緑内障の検出にも非常に有用です。

⑦ 光眼軸とAモード

白内障手術時の眼内レンズの度数を決定する機械です。

⑧ スペキュラーマイクロスコピー

角膜内皮細胞の形や数を測定します。

⑨ 網膜電位図(ERG)

光に対する網膜の電気的な反応を調べます。網膜色素変性症の診断や白内障の術前検査などで行います。

皮膚電極で行いますので、従来のものより患者様にはストレスなく検査していただけます。

⑩ Bモード超音波検査

超音波(エコー)で硝子体や網膜の状態を観察します。高度の白内障や硝子体出血などで硝子体、網膜が観察できない場合に行います。

⑪ ヘスチャート

眼球運動に異常がないか調べます。

⑫ 網膜レーザー

糖尿病網膜症や網膜裂孔などの治療を行います。パターン機能付きで、従来のものより痛みが軽減され、また治療回数を減らすことが可能です。

⑬ YAG

後発白内障の治療を行います。また、緑内障に対するSLT(選択的レーザー線維柱帯形成術)が可能です。

⑭ 手術顕微鏡

Leica社製の顕微鏡です。

富長眼科クリニック

鳥取県米子市東福原6丁目5-61

TEL.0859-36-2525